わい
わいがや倶楽部

ドイツ人女性僧侶 高津慧心ドロテーさんの
豊樂庵だより

滴水道場を建てる

豊樂庵に寄り添うように、少し小高くなった場所に建設中の「滴水道場」。
去年(2017年)、豊樂庵では約19回のリトリートが行われましたが、もっとスペースが必要でした。ヨガやアートなどさまざまな活動をするために、「滴水道場」をつくることを決めました。こだわりの詰まったここは、建設過程にもたのしみがいっぱいです。土壁づくりも、みんなで手伝います。完成は2018年9月上旬の予定です。


第八回

建前まで順調に。

無事に建前まで順調に進み、屋根や床の板張りに入ります。

一階から見上げて、中二階と、そのまた上の屋根裏を想像します。

まだ床が張れていませんが、ここが中二階になります。

そしてここが屋根裏、3階部分になります。
両脇と正面にガラスをはめる予定です。美しい月の光を想像し、わくわくます。

古材を使用しているので、すこしのずれも許されません。
大きな木材を扱いながら、とても細かな調整をしなくてはなりません。

内側から見る梁の雰囲気、とてもいいです。
古いものを大切に、リメイクする。よいものは長く残しておきたいですから!
さて、これから、つぎお目当てを探しに骨董屋さんに行ってきます。

次回につづく。