わい
わいがや倶楽部

副編集長、フィレンツェを歩く。

Vol.3 Mari Yoshida Foglia

フォリア吉田真理 さん

彫金作家


なにを一心に作っておられるのでしょう。
フィレンツェの旧市街、通りから見えるその姿に足が止まります。

今回はフィレンツェの旧市街に、工房を兼ねたショップ「M.G.」を構える彫金作家のフォリア吉田真理さんにインタビューさせていただきました。
MとG、つまり真理さんと夫のジュリアーノさんのイニシャルが刻まれた素敵な空間はまさにふたりのハーモニーによって生まれました。
工房では「打ち出し」と呼ばれるフィレンツェの伝統技法を用いて、シルバージュエリーが作られています。打ち出しとは銀たがねを金槌で打ち付けて銀板に立体的な模様を成形する技法で、イタリアでは15世紀から16世紀にかけて発展してきたものです。ジュリアーノさんは、14才からこの道一筋のマエストロです。そして真理さんは、古くからの伝統を今に生かそうと奮闘を続けています。

Profile

彫金作家
横浜市生まれ。早稲田大学第一文学部卒業後、赤坂宝石彫金学院に学ぶ。ジュエリー販売を経験ののち渡伊。
フィレンツェのビーノ・ビーニ校およびぺルセオ校で学びつつ、ジュリアーノ・フォリアに師事。2010年に“フィレンツェ・モードの若手職人10選”に選ばれる。2012年2年春、夫・ジュリアーノと共にM.G.を創設。現在、同社の代表。

工作好きだった少女。

よそいきの服はすべて自分で縫い、家具の絵付けまでするとにかく手仕事が好きな母でした。
そんな母の影響をまっすぐに受けて育ちました。3、4才のころには母の横で針を持たせてもらい、幼稚園では紙とハサミそしてのりを渡されればそれだけでご機嫌で遊んでいる子どもでした。
彼女にとっての遊びとは、“作る”こと。いつも友だちに向かって、何かつくろうよと声をかけては遊んでいました。
小学5年生のときに友人と、火のついた煙草の模型作りで競ったことがありました。木の丸箸を使って本物そっくりに作ったそれは大人顔負けの出来栄えで、得意満面にそれを見せて友人に「俺の負けだ」と言わせたほどでした。また、誕生日プレゼントが電動ノコギリだったことに友人が驚いたのは、有名な話です。
父の仕事の関係でメキシコとドイツで生活をしたこともありました。自宅にはメキシコの木で作られた家具や牛皮の絨毯そして工芸品の壺などがあり、子どもながらに少し変わった家だなと感じていました。思えば、幼少期からモノづくりの世界のなかにいたようです。

大切な道具“たがね”と“金槌”。

就職活動で悩み、旅をした“タンザニア”。

誰もが真理さんのことを、美大に進むだろうと思っていました。しかし、ものづくりが大好きであってもそれを学習したいとまでは思っていなかった彼女は、文学部へと進みました。さまざまなことを学びながらも作る活動も活発に行っていた学生生活は、とても充実していました。
ところが就職活動を前に、ぴたりと足が止まりました。
初めて自分の正直な気持ちと向き合うことになったのです。
「自分はこの先どう生きたいのか。好きなことをやったらいいのか、それとも…」
大学進学時にはなかった葛藤でした。悩んだ結果、彼女は大胆な行動に出ます。答えを求めにナイル川の源であるタンザニアに行くことを決めたのです。「人類の源と呼ばれるそこに行ったら、きっと何か見えてくるだろう」 そう考えてのことでした。しかしそこは政治情勢が混乱しており、決めた直後にも米国大使館が爆破されるテロが起きていました。親の反対もあってやむなく一人旅は断念し、ツアーに参加することにしました。生物学の先生や野生動物の写真家など5名の参加者でしたが、貴重な彼らとの出会いも忘れられません。
現地で目にしたのは、シンプルに生きる野生動物の姿でした。大事な狩り以外は、体力を温存させ生きています。その姿に「これでいいんだ!」と思えたのです。今の自分はやることが多すぎて、逆にやりたいことを見失っている。彼らのようにシンプルに大事なことだけのために力を使って生きたらいい。そうだ、大好きなものづくりの道で生きようと決意をしました。

フィレンツェ職人展との出会い。

ジュエリー作家をめざして大学卒業後に専門学校に進学しそこで3年学んだけれど、それだけでは満足がいかず留学を考えるようになりました。もともと彫金の伝統技法「洋彫り」にとても興味があり、西洋に強い憧れを抱いていたこともありました。
そんな時、フィレンツェの職人たちが集まる「フィレンツェの宮殿の職人たち展」が東京で開催されました。伝統的な職人の工芸を守り続けることを目的としてそれまでは、フィレンツェのイタリア名門貴族コルシーニ家の庭園で開催されていたものです。それを初めて日本で開催しようという企画でした。開催を知った彼女は興奮し、毎日そこに通ったと言います。
イタリア各地から18名の工芸家が集まり、その技や作品が披露されました。なかでも印象に残ったのはジュエリー職人のパオロ・ペンコさんの“糸鋸”と、ジュリアーノ・フォリオさんの“打ち出し”でした。熱心に通ったことで彼らとの距離も自然に縮まり、誰よりも側で彼らの技術を見ることができました。芸術と呼ばれる技もさることながら、生き生きとした彼らの姿に感動をしました。そんなフィレンツェのモノづくりの空気に「これだ。」と思い、迷いなくフィレンツェに留学することを決めたのです。

そして2003年にビーノ・ビーニ校に留学をし、サンマリノ共和国の貨幣原板も作ったマエストロでもあるビーノ・ビーノ氏に学ぶことになりました。彼は活発な作家としても有名で授業は実践に近く、とても古い技術も教えてくれます。留学はとても順調でした。そんなある日、フィレンツェで行われたある展覧会で運命的な再会を果たします。日本で開催された「フィレンツェの職人展」に来日していたジュリアーノさんでした。やがて彼女は彼の工房へ通うようになり、ふたりの距離も自然に縮まってあらたなお付き合いが始まりました。

留学生活もそろそろ終わりを迎えるころでした。ジュエリーフェアにて日本人企業の方と出会ってご縁ができ、その企業から内定をいただくことになりました。充実した日々を過ごしやりたいこともあったけれど、ここで就職をしたいとまでは思っていなかったという彼女は、2004年7月、こうしてイタリアを離れます。

ビーノ・ビーニ校の卒業証書

第二回へ続きます。